<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Corazón indomable Capítulos 7 - 11

d0233258_245061.jpg


Corazón indomable Capítulos 7 - 11

Televisaのホームページに "Capítulos(1話ごとのあらすじ)" があるので、日本語を付して掲載します。直訳です。

Capítulos オリジナルページ
登場人物一覧はこちら
「全体のあらすじ」はこちら

En el capítulo 7 de Corazón Indomable:

Octavio (Daniel Arenas) le reclama a Lucía (Elizabeth Álvarez) que haya preparado una fiesta, pues sabe muy bien que Maricruz (Ana Brenda Contreras) no se sabe comportar ante la gente.
オクタビオは、ルシアにパーティーの準備を要求していた。知っての通り、マリクルスは人々の前での振る舞いを知らない。

Por otro lado, Maricruz se viste de forma vulgar por culpa de Lucía, ella disfruta hacerla quedar mal.
一方、マリクルスはルシアのせいで悪趣味なドレスを着せられる。
ルシアは、マリクルスが悪い印象を与えるのを愉しむ。

Más tarde, le llena la cabeza con intrigas cuando Octavio baila con una muchacha, Maricruz se pone muy celosa y la agarra a golpes, Miguel (René Strickler) y Octavio las separan.
その後、オクタビオが一人の娘と踊っている時に、策略がルシアの頭を満たす。
マリクルスは嫉妬に狂い、その娘をつかまえて殴る。

¿Cómo reaccionará Octavio ante tal suceso?
オクタビオはそんな事件を前に、どのようなリアクションを?


En el capítulo 8 de Corazón indomable:

Octavio (Daniel Arenas) está muy molesto por el zafarrancho que provocó Maricruz (Ana Brenda Contreras) en la fiesta, cruelmente le dice que parece animalito herido y no sabe si le tiene amor o lástima infinita.
オクタビオは、マリクルスがパーティーで引き起こした大騒ぎにウンザリしている。まるで獰猛な獣だと冷酷に告げ、愛し続けられるか、永遠に残念(な結果)になるかわからないと言う。

Miguel (René Strickler) le cuenta a Lucía (Elizabeth Álvarez) que en lugar de que Octavio se culpe por haberse casado con la mujer equivocada, le recrimina por no haberle dado la parte del dinero que le corresponde para haberse sido.
ミゲルは、ルシアに、オクタビオが誤った結婚をした責任をとる代わりとして、彼の所有分の金を払わないと非難すると話す。
(間接話法なので、まだるっこしい。つまりは、弟にびた一文払いたくない。)

Eusebio (Carlos Cámara) se burla de Maricruz, le dice que cuando una mujer se casa es para sentarse y no hacer nada, pero él se refiere a alguien fino no como ella, ésta se molesta y lo corre.
エウセビオがマリクルスをからかう。結婚したら女は落ち着いて、何もしないものだと話す。しかし、それは上品な誰かのことで、お前ではないと。
彼女は不快になり、走り去る。

Más tarde, Lucía irrumpe en la habitación de Maricruz para reclamarle que desde su llegada no ha tenido ni un minuto de paz, por lo que le si no le gusta su nueva vida se regrese a su mugroso jacal.
その後、ルシアはマリクルスの部屋に押し入り、次のように要求する。
マリクルスが来てからというもの少しのやすらぎもない。
お前の新生活は気に入らないから、汚い小屋に帰れ!

Octavio está furioso, le dice a Lucía que él y Maricruz se van, pero antes debe hacerlo ella también lo hará para poder vender el rancho.
オクタビオはいらだっていた。ルシアに言う。自分とマリクルスは立ち去るが、その前に、僕も義姉さんもやるべきことがある。農場を売却することだ。

Maricruz está triste en su cuarto, de repente llega María (María Elena Velasco) con una grata sorpresa, Don Ramiro (Ignacio López Tarso) entra a saludarla.
マリクルスが自室で塞いでいると、突然、マリアが素敵な便りを持ってきた。ドン・ラミロが来たのだ。そして彼は歓迎される。

Lucía está harta de la situación, le preocupa el ambiente en el que su hijo va a nacer.
ルシアはこの状況にウンザリしている。子どもを産むのにこんな雰囲気は気がかりだ。

¿Podrá cortar el problema de raíz?
問題の原因を断ち切れるだろうか?


En el capítulo 9 de Corazón indomable:

Maricruz (Ana Brenda Conteras) le dice a Octavio (Daniel Arenas) que como Lucía (Elizabeth Álvarez) va a tener un hijo, ella también quiere convertirse en mamá.
マリクルスは、オクタビオにルシアのように子どもを持って、自分も母親になりたいという。

Un nuevo personaje llegará a la vida de Octavio, Esther (Elizabeth Valdez) visita a su prima Lucía y desde el primer momento se hace enemiga de Maricruz.
オクタビオの生活に新しい登場人物が、ルシアの従妹のエステルが訪れ、最初の瞬間からマリクルスの敵になる。

Mientra tanto, Eusebio (Carlos Cámara) intentará abusar de Solita (Gaby Mellado) en medio del monte.
その間に、エウセビオはソリータを山中でレイプしようとする。

¿Lo logrará?
それを成し遂げるのか?


En el capítulo 10 de Corazón indomable:

Lucía (Elizabeth Álvarez) muy feliz le cuenta a Ofelia (Yulianna Peniche) que por fin Maricruz (Ana Brenda Contreras) se fue de la hacienda.

ルシアは、オフェリアから、ついにマリクルスが農場にから出て行くと聞いてとても満足だ。

Más grande, Lucía le cuenta a Octavio (Daniel Arenas) que Don Ramiro (Ignacio López Tarso) le dijo que si a Maricruz le pasaba algo, se las iba a cobrar.
ルシアは、オクタビオに、マリクルスの身に何事かが起こり、命にかかわるだろう、そうドン・ラミロが言っていたと大袈裟に話す。
(最後の se las iba a cobrar の訳に自信なし。特に、las?)

Maricruz deja de comer, Octavio la visita en el jacal y le pregunta que cuánto tiempo lleva sin comer, ella le dice que desde que se fue de la hacienda pues sólo pensaba en morir.
マリクルスは食事を摂らない。オクタビオが小屋に彼女を訪ね、どれぐらい食べていないのかと質問する。彼女が言うには、農場に行ったときから。死んでしまいたかった。

¿Octavio hará que regrese a la hacienda?
オクタビオは、農場に戻すのだろうか?


En el capítulo 11 de Corazón indomable:

A Octavio (Daniel Arenas) le llegará un anónimo que asegura que entre Maricruz (Ana Brenda Contreras) y José Antonio (Juan Ángel Esparza) existe una relación.
オクタビオのもとに、マリクルスとホセ・アントニオが恋愛関係にあるのは確かだという、匿名の手紙が届く。

Octavio está celoso por el mensaje que recibió, por lo que le pregunta de frente a su esposa si le gusta José Antonio.
オクタビオはその知らせを受け取って、嫉妬を抱く。それで、正面から妻に向かって、ホセ・アントニオが好きなのかと質問する。

Más tarde, Maricruz le platica a José Antonio que hay gente mala que está inventando chismes sobre ellos, de repente él recibe un disparo.
その後、マリクルスはホセ・アントニオに、悪い人間が私たちの噂をでっちあげていると話す。突然、彼は発砲される。

Maricruz llega a la hacienda y le dice a Lucía (Elizabeth Álvarez) que mataron a José Antonio, ella le dice que seguro fue Octavio porque los encontró juntos.
マリクルスは農場に戻り、ホセ・アントニオが殺されたと告げる。ルシアは、一緒にいたから、オクタビオに違いないと言う。

¿José Antonio estará muerto? ¿ Octavio fue quien le disparó?
ホセ・アントニオは死んでしまうのか? 撃ったのはオクタビオなのか?
[PR]
by srbigote | 2013-05-27 10:07 | テレノベラ

Corazón indomable Capítulos 1 - 6

d0233258_245061.jpg


Corazón indomable Capítulos 1 - 6

Televisaのホームページに "Capítulos(1話ごとのあらすじ)" があるので、日本語を付して掲載します。直訳です。

Capítulos オリジナルページ
登場人物一覧はこちら
「全体のあらすじ」はこちら

En el capítulo 1 de Corazón indomable:

Eusebio observa libidinosamente a Maricruz y a Solita nadando en el río.
エウセビオがマリクルスとソリータが川で泳いでいるのを、好色そうな顔で覗いている。

Maricruz regaña a Don Ramiro por subirse al árbol para bajar una naranja, pues tiene mucha hambre, ella le dice que irá a conseguir verduras para que puedan comer.
マリクルスは、祖父のラミロがオレンジの木に登ろうとするので言い争う。あまりの空腹のために。マリクルスは、何か野菜を取りに行くと言う。

Lucía le dice a Miguel que siente que Octavio la odia, éste le dice que tienen que casarlo para quitarle el mal humor.
ルシアは夫のミゲルに、オクタビオが自分を嫌っているという。彼の不満を取り除くには、結婚させるべきだと。

Maricruz se roba unas papas, ahí encuentra un changuito, pero Pancho, uno de los capataces del rancho la descubre, éste trata de abusar de ella como pago por las papas, en ese momento llega Octavio y la salva.
マリクルスはジャガイモを失敬する。そこで小さなクモザルを見つける。しかし、農場監督のパンチョに見つかり、許してやる代わりにと乱暴に及ぶ。
そこへ、オクタビオが現れ、彼女を助けた。

Lucía quiere casar a Octavio con Simona, pues es una mujer de buena familia y muy adinerada.
ルシアはオクタビオをシモーナと結婚させたがっている。というのは、彼女は名家の出身で資産家だから。

Maricruz le cuenta a Octavio que no tiene para comer, él le dice que diario vaya al rancho para que le den comida y la acompaña al río para que nadie la moleste, además se llevan al changuito.
マリクルスは、オクタビオに食べるものがないと話す。彼はマリクルスに、食べ物を受け取りに農場にくるように言う。そして、誰も彼女に悪さをしないように川まで送る。クモザルも一緒に。

Miguel y Octavio tienen otra discusión por el dinero de las tierras, éste insiste en que quiere su parte para irse lejos.
ミゲルとオクタビオは、土地の代金のことで言い争っている。オクタビオは、自分の取り分を持って遠くに行ってしまいたい。

Lucía trata de convencer a Octavio de que se case con Simona para que tenga dinero a manos llenas, pero él no acepta y discute con ella.
ルシアは、オクタビオに大金が手に入るからと、シモーナと結婚するよう説得するし。しかし、彼は受け入れず、口論になる。

Maricruz le cuenta a su abuelo que conoció a Octavio y es un hombre muy bueno porque la defendió, éste le dice que no vale la pena.
マリクルスは祖父にオクタビオと知り合ったこと、彼は自分を助けてくれた優しい男で、価値ある人間だと告げる。

Maricruz le pone de nombre a su changuito Octavio, pues lo conoció en el mismo momento que al muchacho guapo.
マリクルスは、クモザルにオクタビオと名付けた。あの若者と同時に知り合ったから。

Más tarde va y lo busca al rancho, ahí Octavio y Miguel platican, éste le pregunta por qué la conoce y Octavio le da la orden de que le den comida y se lo carguen a la parte que le toca.
その後、彼を農場に探しに行くと、オクタビオとミゲルが話していた。
ミゲルは、どうして彼女と知り合ったんだと質問する。
オクタビオは、食べ物を与えるように、それを渡す場所まで運ぶように命じる。

Maricruz va al rancho por la comida prometida, pero Eusebio no la deja pasar y está a punto de golpearla cuando Octavio vuelve a salvarla, delante de Lucía y Simona les exige que le den comida diariamente.
マリクルスは約束の食べ物をのために農場に来た。しかし、エウセビオが邪魔をし、鞭打とうした時、再びオクタビオに助けられる。
彼は、ルシアやシモーナのいる前で、食べ物を毎日与えるように命じる。

¿Comenzará a surgir el amor?
愛は生じ始めるのか?


En el capítulo 2 de Corazón indomable:

Maricruz (Ana Brenda Contreras) se siente muy contenta de la manera en que la trata Octavio (Daniel Arenas), pues todos los hombres son groseros con ella.
マリクルスはオクタビオの接し方に満足だった。というのは、どの男も彼女をぞんざいに扱うから。

Por su parte, Octavio está desesperado y pone un anuncio en el periódico con el propósito de vender el rancho, pero lo que no sabe es que Lucía (Elizabeth Álvarez) y su hermano sabotearán su idea.
一方、オクタビオはガッカリして、新聞に農場の売却を載せようとするが、なじかは知らねど(笑)、ルシアと兄はその考えを阻止する。

Más tarde, Octavio busca a Maricruz para informarle que se va muy lejos, ella lo abraza y llorando le suplica que no la deje.
その後、オクタビオは、遥か遠いところへ行ってしまうと知らせるためにマリクルスを探す。彼女はオクタビオにすがりつき、おいていかないでと懇願する。

¿Podrá Maricruz convencerlo de que se quede?
マリクルスは、彼が留まるよう説得できるだろうか?


En el capítulo 3 de Corazón indomable:

Octavio (Daniel Arenas) decide darle un buen castigo a su hermano y a su ambiciosa cuñada, quienes no se imaginan la idea que trae en mente, pues ya eligió a quien será su esposa.
オクタビオは、兄と野心家の義姉に彼らが想像もつかない、よい罰を与える決心をする。つまり、結婚相手を決めた。

En una hermosa residencia, Alejandro (César Évora) recibe a su médico, quien le asegura que por la gravedad de su corazón es necesario que guarde reposo por seis meses o más.
瀟洒な邸宅で、アレハンドロは医師の訪問を受けていた。医師は症状の重篤さから、半年かそれ以上の休息が必要だという。

Miguel (René Strickler) le pide a Maricruz (Ana Brenda Contreras) que ya no busque a Octavio, pues él está muy ocupado con los preparativos de su boda, ella se pone triste.
ミゲルはマリクルスに、もうオクタビオを探さないようにと要求する。なぜなら、彼は結婚式の準備で忙しいからと。悲しみに打ちひしがれるマリクルス。

¿Qué hará Maricruz?
マリクルスはどうする?


En el capítulo 4 de Corazón indomable:

Solita (Gaby Mellado) se mete al río para salvar a su hermana Maricruz (Ana Brenda Contreras), quien intentó suicidarse por desamor.
ソリータは姉のマリクルスを助けるために川に飛び込む。
マリクルスは、自分が愛されてないと思い自殺しようとしていた。

María (María Elena Velasco) va camino al jacal de Don Ramiro (Ignacio López Tarso) para llevarle la comida, Eusebio (Carlos Cámara) la intercepta y le arrebata los alimentos para llevárselos él mismo.
マリアは、食事を運ぶためにドン・ラミロの小屋へと向かっている。エウセビオが食べ物を横取りし、自分でそれを持って行く。

Octavio (Daniel Arenas) le reclama a Miguel (René Strickler) por haber hipotecado el rancho sin habérselo consultado, le dice que le va a costar muy caro lo que hizo, éste se defiende diciéndole que era necesario.
オクタビオはミゲルに、自分に相談もなく農場を抵当にいれたことに対してクレームをつけている。そうしたことで、将来費用がかさむのに。
ミゲルは、必要だったと言い訳する。

Don Ramiro está muy enojado y le dice a Maricruz que van a regresar a la vaca y al becerro porque andan diciendo que se vendió por los animales.
ドン・ラミロはとても機嫌が悪い。家畜として売れたと言っているから、乳牛と子牛を返すようにマリクルスに言う。

Lucía (Elizabeth Álvarez) está furiosa, le ordena a Ofelia (Yulianna Peniche) que Maricruz no existe en esa casa.
ルシアは怒り狂っている。オフェリアにマリクルスをこの家に入れないように命じる。

Octavio busca a Maricruz para preguntarle si le gustaría convertirse en su esposa.
オクタビオは、自分の妻になりたいかどうか尋ねるためにマリクルスを探す。

Lucía le informa a Miguel que van a ser papás, ambos se ponen muy contentos. Más tarde su felicidad se ve opacada, pues Octavio les avisa que el sábado se casará con Maricruz.
ルシアはミゲルに子どもの親になると告げる。二人はとても満足する。
しかしその後、彼らの幸福感は萎んでしまう。というのは、オクタビオが、土曜日にマリクルスと結婚すると知らせたから。

¿Podrán impedirlo?
二人はそれを阻止することができるだろうか?


En el capítulo 5 de Corazón indomable:

Miguel (René Strickler) y Lucía (Elizabeth Valdez) planean deshacerse de Maricruz (Ana Brenda Contreras) cuando Octavio (Daniel Arenas) se vaya de la hacienda.
ミゲルとルシアは、オクタビオが農場に行っている時に、マリクルスをひどい目に遭わせようと計画する。

Más tarde cuando Octavio le vuelve a exigir su dinero a Miguel, éste le dice que disfrute su venganza, pues él también lo hará.
あとで、オクタビオが再度自分の金をミゲルに要求してきたら、仕返しをするように彼に命じる。彼もそうするつもりだ。

El sueño de Maricruz se hará realidad, pues el día de su boda con Octavio ha llegado.
マリクルスの夢が実現する。オクタビオとの結婚式の日がやってきた。

¿Podrá convertirse en marido y mujer? ¿Qué consecuencias traerá este enlace matrimonial?
新郎新婦になれるだろうか? この結婚にどんな結果が待ち受けているのだろう?


En el capítulo 6 de Corazón indomable:

Alejandro (César Évora) le confiesa a Raiza (Ana Patricia Rojo) que vio la muerte muy de cerca, ésta le dice que sigue esperado a la hija que nunca se ha ocupado de él.
アレハンドロは、ライサに死がそこまで近づいているのはわかっていると告白する。それで、一度も養うことのなかった娘を探し続けているという。

Por otro lado, Lucía (Elizabeth Álvarez) le da órdenes a Ofelia (Yulianna Peniche) para que delante de Octavio (Daniel Arenas) trate bien a Maricruz (Ana Brenda Contreras), pero a sus espaldas le haga la vida de cuadritos, ésta le responde que se lo merece por haber puesto sus ojos tan alto, pero Lucía le asegura que se los bajarán hasta el fango.
一方ルシアは、オフェリアにこう命じた。オクタビオの前ではマリクルスを丁重に扱い、いないところでは、いじめてやれ。
これに対して、あれほど逆らったからにはそれがふさわしいと答える。
ルシアには彼女に恥をかかせる確信があった。

¿Qué estará planeando?
その企みとは?

hacer a ... la vida de cuadrito 人を困難な目に遭わせる (メキシコ)
poner sus ojos tan alto はむかう/さからうと類推 (辞書になし)
[PR]
by srbigote | 2013-05-25 01:52 | テレノベラ

Corazón indomable (2013) あらすじ

Televisaのホームページにドラマ全体の「あらすじ」があったので、一部意訳して掲載します。
通常、現在放送中のテレノベラの「あらすじ」を載せることはないでしょうが、本作は1994年に歌手兼女優で有名なタリアがヒロインを演じた『Marimar』のリメイクだからだと思われます。

「あらすじ」のオリジナルはこちら
登場人物はこちら
第1話エピガイはこちら

d0233258_22181228.jpg


あらすじ
貧しさゆえに屈辱を受け続けた日々の後、マリクルスは身分を変え、資産家で権力を有する女性に変身してナルバエス農場を訪れる。
---------------------------------------------------

ヒロインのマリクルス・オリバレス (アナ・ブレンダ) は、母方の祖父ラミロ(イグナシオ・ロペス)と、赤ん坊のときにラミロに拾われた、孤児で聾唖の妹、ソリータ(ガビ・メジャード)と一緒に暮している。
マリクルスは、自分が億万長者で温厚な人物、アレハンドロ・メンドーサ(セサル・エボラ)の娘であることを知らない。

d0233258_0253514.jpg


ナルバエス農場(アシエンダ)は、主人のミゲル(ルネ・ストリックラー)の経営が失敗し土地が抵当に取られていた。
弟のオクタビオ(ダニエル・アレナス)が農場にやってきたが、仕事をするわけでもなく、土地を売りたがっていた。

d0233258_0304425.jpg


オクタビオは、農場の監督のエウセビオ(カルロス・カマラ)が、マリクルスを虐待するのを知って、守ってやる。
その日からオクタビオは、彼女の美しさに惹かれ、マリクルスも彼を意識するようになる。

d0233258_942012.jpg


オクタビオは、義姉のルシア(エリザベス・アルバレス)によるマリクルスへのイジメを知り、裏を書いて、その身分の低い少女(マリクルス)と結婚してしまう。ルシアの従妹のエステル(エリザベス・バルデス)も、マリクルスを陥れるのを手伝う。

d0233258_0374154.jpg


そうこうしているうちに、オクタビオにパイロットの仕事の依頼があった。しかし、農場を離れるまえに、兄のミゲルに対して、自分の土地をマリクルスに与えてくれるように頼む。
約束をして、オクタビオは安心する。

ルシアと従妹のエステルは、ある罠をしかけマリクルスを刑務所送りにする。
出所したマリクルスは、祖父が焼死していたこと知る。
すべてルシアの仕業とは知る由もなかった。(実行犯はエウセビオ)

傷心のマリクルスは首都(メキシコシティー)に行き、アレハンドロ家のお手伝いとして働く。偶然、実父の屋敷なのだが、お互いにそんな絆には気づかない。

アレハンドロは、マリクルスを社交界に通用するレディに仕立て上げる。
彼女の仕事ぶり、とりわけイスラ・ドラダ(宝島)にある、カジノ・ボートでの経営手腕に信頼を置いていた。

d0233258_0424552.jpg


アレハンドロの執事のテオバルド(マヌエル・ランデータ)が、マリクルスの本名が、アレハンドラ・メンドーサ・オリバーレスであることを知る。
テオバルドは、アレハンドロが重篤な心臓病を患っていることから、彼にはマリクルスが娘であること明かさないことにしたが、マリクルスには事実を伝えた。それを知って歓喜するマリクルス。

ミゲルは、弟のオクタビオに、マリクルスは祖父の死後姿を消したと伝える。
オクタビオは、気を紛らわすためにカジノ・ボートにやって来たが、まだマリクルスを忘れることができない。
船内のカジノルームで中心になって接客する上品な女性、アレハンドラ・メンドーサが、実は自分の妻であることなど想像にも及ばない。
(マリクルス/アレハンドラ ビフォア/アフター!!!)
d0233258_145613.jpg


オクタビオは、妻と酷似した印象を受けるアレハンドラと、交際を始めた。
マリクルスは、彼に妊娠を隠し、可愛い女の子を産む。
しばらくして、アレハンドロの病気が深刻になり、マリクルスは、実はあなたの娘だと告白する。アレハンドロは、喜びのうちに、そして彼女と和解して逝った。(あれ? いつの間にか仲違いしていた?)

マリクルスは、まだ二つの人格を続け、オクタビオを恋の虜にしてしまう。
そしてついに、(彼女がマリクルスだとわかって) オクタビオは、彼女を棄てたことを後悔し、懺悔し始めた。

マリクルスには膨大な財産があり、そのお金でナルバエス農場を買い占め、ミゲルやルシアの鼻をへし折ることで積年の恨みを晴らすことができた。

マリクルスとオクタビオは、愛を確かめ合い、互いに過去の過ちを修復できることを発見する。
そして、可愛い娘とともに新しい人生が始まる。

---------------------------------------------------
註: 上記テレビサの「あらすじ」文中
《アレハンドロの執事のテオバルド(マヌエル・ランデータ)が、マリクルスの本名が、アレハンドラ・メンドーサ・オリバーレスであることを知る。》
とありますが、テオバルドは坊主頭のセーラーですね。アレハンドロの執事は、トビアスです。
登場人物リストにありませんが、ハレハンドロが彼をそう呼んでいました。テレビサ担当者のケアレスミスだと思われます。
[PR]
by srbigote | 2013-05-06 23:53 | テレノベラ

Corazón indomable (2013) 第1話 エピガイ

Corazón indomable (English Title: Wild at Heart)
México Televisa (2013)
登場人物はこちら
「あらすじ」はこちら

d0233258_22181228.jpg

著作権の関係か、動画が左右逆転の鏡状態です。(T_T)
時間的には1話分丸々あるので我慢して観てください。そのうち慣れます。(笑) ダブルクリックで最大化。



ヒロインのマリクルスと妹のソリータが、森に囲まれた泉で楽しそうに泳いでいます。
それを木の陰から盗み見しているのは、隣接するナルバエス農場の監督(牧童頭)のエウセビオ。
「フフフ、いつか俺のものにしてやる」
とんでもないやつです。

ナルバエス農場(アシエンダ)に、パイロットをしているオクタビオの車が着きました。兄のミゲルが農場経営に失敗し、土地が抵当に入ってしまったため、共同経営者である弟の彼がかけつけたのです。
オクタビオは、土地を売って残った財産を分けるべきだと考えていますが、兄夫婦は弟に1ペソも与えたくありません。

マリクルスたちが住んでいる掘っ立て小屋。
祖父のラミロが、今日は食べるものが何もないと嘆いています。
マリクルスは、不安がる聾唖の妹と祖父に、
「私が何か調達してくるから大丈夫、待ってて」
と、マチェテ(山刀)を持って出かけて行きます。

マリクルスは、農場の畑からジャガイモをいくつかいただくことにしました。
掘り出したそれらを袋に入れていると、前方で動物の鳴き声がします。
近づくと、母親にはぐれたクモザルの赤ちゃんでした。
以後、このクモザルは、マリクルスの大切なペットになります。

しかし、農夫のパンチョに見つかってしまいました。
「この泥棒め!」
はがいじめするパンチョに、マリクルスは悲鳴を上げます。
その時、馬にまたがったオクタビオが駆けつけ、理由を聞いて許してくれました。
目と目を見合わす、マリクルスとオクタビオ。互いの存在を意識した最初の瞬間でした。

その頃、ナルバエス農場では、ミゲルの妻のルシアが隣人のシモーナに電話をかけています。シモーナは、隣の大農場を所有している資産家ですがいまだに独り身です。ルシアは、彼女とオクタビオを結婚させて、農場の財産を放棄させるという計略を練っていたのです。

マリクルスとオクタビオ
二人はお互いに名前を名乗り合います。マリクルスは、彼がナルバエス農場のパトロン(主人)であるミゲルの弟であることを知ります。
オクタビオは、彼女に毎日食糧とミルクをあげると約束します。
リンダ(可愛い)と呼ばれたことに感激するマリクルス。

道化担当のインディへナの女性マリアと驢馬のシーン。
彼女は、マリクルスや祖父のラミロとも仲がよく、ナルバエス農場で料理係をしている銀髪の老女、サンタとも懇意です。

マリクルスが祖父のラミロに、ママは美人だったかと尋ねます。
「まるで花のように綺麗だったよ、それにお前と同じで魅力があった」
「でも亡くなってしまった…」
「そうだ…」
「私のパパは生きているのよね…?」
返答に困るラミロでした。

ミゲルとオクタビオが口論しています。
オクタビオの言い分
自分の取り分の金を持ってここを去りたい。

ルシアとオクタビオ
ルシアは、そんなにお金が必要ならシモーナと結婚すればいいと勧めます。
「彼女の不細工な顔には目をつぶって、持っている財産に目を見開くのよ!」
(ひどいことを言うなあ…)
オクタビオは取り合わず、とにかく土地を売って自分の金が欲しいだけだと突き放します。

ラミロの小屋
マリクルスがオクタビオのことを話すと、祖父のラミロは、
「その男は、頭がおかしいよ!」と、孫の話を本気にしません。
「でも、オクタビオは信頼に足る人よ…」と、マリクルスはウットリ。

妹のソリータがマリクルスの行水の手伝いをしています。彼女は、妹とはいっても、赤ちゃんの時に道に捨てられていたのを、かわいそうに思ったラミロが引き取って養女にしたのです。
行水をしていても、マリクルスの頭に浮かぶのは愛しいオクタビオのことばかり。
とうとうペットのクモザルに、「オクタビオ」という名前を付けてしまいました。
「この名前気に入った? オクタビオ」


アシエンダ・ナルバエス
ミゲルとオクタビオの兄弟が、換金できる作物のことで口論しています。
二人は、オクタビオの四輪駆動車(ルビコン)に乗って農地を実地踏査することにしました。
二人が去った後、
「オクタビオがこの世から消えて去ってしまえばいいのに」と、鬼の形相でつぶやくルシア。

車を下りた二人を、マリクルスが見つけました。
「オクタビオ!」
二人に向かって無邪気に手を振るマリクルス。

馬鹿にするミゲルを無視してオクタビオはマリクルスに近寄り、食糧とミルクを農場に取りにくるようにと伝えます。
メイドのオフェリアは、泥棒に食べ物を与えるなんておかしいと、主人のミゲルに訴えます。その会話を聞いてしまった、インディヘナのマリア。

シモーナとの会食の場面
ミゲルとルシアは食卓を離れ、オクタビオとシモーナを二人だけにします。
農場が隣どうしだった二人は、幼なじみでした。
親の遺産を継いで資産家になったシモーナに、オクタビオは言い寄る男はたくさんいるだろうと尋ねますが、シモーナは、「まったく誰もいない!」と、怒った表情で答えます。彼女は、男を惹きつける魅力のない自分の容姿を悟っていました。
そんなシモーナに、オクタビオは、「僕と結婚して欲しい」と告げます。
もちろん、彼女の財産が目的でした。
おどろく、シモーナ。
(しかし、ルシアの勧めをあれほど嫌っていたオクタビオなのに、この豹変はどうしたことでしょう。)
「実は…」と、ナルバエス農場の危機を話そうとするオクタビオの言葉をシモーナは遮りました。
人並み以下の自分の容姿では、お金が目的の結婚でもしかたがないとあきらめていたからです。
「わたしと結婚したら、あなたを助けてあげられる」と、健気に言うシモーナですが、オクタビオの望みは、金をつかんで自由に世界中を飛び回ることでした。

(不思議なのは、シモーナの顔には大きな黒子はあるものの、それほど卑下するような容姿ではないと思えるのに、スペイン語のサイトでは、fea(醜い、醜女)などと記しているところがあったりして驚きます。シモーナことイサドラ・ゴンサレスさんの名誉のために、別の写真を添付しておきます。美人です。)
d0233258_23254268.jpg


マリクルスが、食べ物を受け取りにナルバエス農場にやって来ました。
髭面の監督エウセビオが追い払おうとします。
「またきやがったな、この泥棒猫め!」
「ち、違うの!オクタビオが…!」
エウセビオは手にしていた鞭を振るおうとします。
マリクルスの声を聞きつけたオクタビオが駆けつけ、エウセビオに食べ物を用意するように命じました。
「毎週?」
「毎日だ!」

ルシアが言います。
「そんな裸足の汚ない足で母屋の台所に出入りするのは許せないわ。厩舎にして!」
「それなら、僕が一緒に行こう、いいねシモーナ」とオクタビオ。
「わかったわ」
シモーナは、ミゲルやルシアとともにテラスに移動します。

ラミロの掘っ立て小屋
マリクルスたちが困窮していることを聞いたマリアが、食べ物(チチャロン:豚の皮を揚げた料理)をそっと入口に置いていきます。
薪拾いから帰って、それを見つけたラミロとソリータは大喜び。

厩舎の前で、クモザルの「オクタビオ」が人間の「オクタビオ」に甘えます。
まるで、彼がマリソルの味方だと察知したかのようです。
満面の笑みを浮かべるマリソルでした。

(第1話 おしまい)
[PR]
by srbigote | 2013-05-04 21:15 | テレノベラ