<< グアナファト 4日目 続き #09 22.OBREGÓN AL P... >>

グアナファト 4日目 #08

2011/06/02 (木)

洗顔のあと頭を洗いました。
こちらに来て初めての洗髪ですが、乾燥しているのですぐに乾きます。それを見て、ドライヤーもないのに妻まで洗髪。
午前中は、いつものようにトナリ学院でスペイン語の授業。今日は3限目に、最後ということで、オルガ先生からメキシコの俗語(メヒカニスモ)を沢山教えてもらいました。特に、マンデ?(Mande?)は、サルバドール家でもよく耳にしました。相手の言ったことがよく聞き取れなかったときに多用します。
d0233258_1142859.jpg

(学校の真ん前にある銀行、BANCOMER。結局一度も利用しませんでした。)

担当の光子校長が午前中不在のため、妻はメキシコ人の先生の授業を2時間受け、午後5時に、光子先生から最後の授業を受けるとのこと。
私がメヒカニスモを勉強している3時間目に、彼女は周辺を歩き廻ってメキシコ土産の下調べをしていたそうです。暑いのにご苦労さま。
定刻の12時半に授業終了。妻は、学院の下の店でグアナファト産のカラフルな木綿のショール(サラッペ?)を大量に買っています。いろいろ見た結果、結局、トナリ学院1Fのこの店が一番安かったんだそうです。灯台下暗し。

その後、絵葉書を出すために、郵便局に行こうと、バシリカの手前のラパス広場まで歩いて行くと、偶然、「峰路」のアルバイトの女の子に出会いました。帰宅中だそうです。やはり、この街は狭い。彼女は大阪のS大学の学生で、グアナフアト大学で半年間スペイン語のセミナーを受講中。でも、あと1ヶ月で帰国するとか。
d0233258_10363172.jpg

(奥がラパス(La Paz)広場。手前の屋台を写したかったそうです。)
d0233258_10365322.jpg

(完全にニヤケ過ぎ!! (^_^;)

郵便局(Correo)は、道の正面のたいへんわかり易いところにありました。
ところが、$15の葉書料金に対して$7の切手しかありません。絵葉書には何枚も貼るスペースがないため、泣く泣く証紙になってしまいました。そのかわり、メキシコの世界遺産やミル・マスカラスが印刷された、綺麗な切手シートを手に入れることができました。
d0233258_1037331.jpg

(メキシコの英雄、ミル・マスカラス。千の顔を持つ男)
d0233258_10375538.jpg

(真ん中の全面モザイク壁画の建物が、オルゴマンによるメキシコ自治大学(UNAM)の図書館。その上がシケイロスの立体壁画、 『民衆から大学へ、大学から民衆へ』)
d0233258_22322586.jpg

(メキシコ・航空事業100年記念切手シート)

帰りは、1本北側の、グアナフアト大学の前の道を通ることにしました。さして広くもない道を進んでいくと、突然、ピピラの展望台から見た、あの壮麗な白亜の建物と石造りの巨大な階段が現れました。
グアナファト大学は、1732年にイエズス会の師弟のための学校として設立され、1995年に現在の州立自治大学となったそうです。何と300年以上の歴史ですが、ここグアナファトのセントロでは、どこを見渡しても古い教会や建築物だらけ。今泊めていただいている、セニョール・サルバドールの家も、200年以上は経っていると言っていました。トナリ学院やデリカ・ミツの建物も、かなりの年代物です。
d0233258_10565746.jpg

(大きな口を開けた、1階の入り口アーチ)
d0233258_10382283.jpg

(階段にはラテン美女がよく似合う。)

さらに進んで行くと、美味しそうな珈琲専門店がありました。カプチーノとチョコラーテで、しばし休憩。気がつけば、ここまでけっこうな距離を歩いています。
d0233258_10392412.jpg

(孫ではありません。通りにいた人なつっこい少年。Con un niño en la Calle)
d0233258_10385920.jpg

(こちらは、人なつっこい青年。(笑))

珈琲を飲みながら、少し先にある「アロンディガ・グラナリータス博物館」へ行くことに相談がまとまりました。
辞書をひくと、アロンディガ(Alhóndiga)の意味は、「穀物倉庫」です。ここは、グアナファト市の公営穀物保存倉庫だったんですね。
結論から言うと、アロンディガは必見の場所でした。
1810年に、イダルゴ神父による有名な「ドローレスの叫び」で独立戦争が始まると、この建物を要塞として立てこもる政府軍と、イダルゴ神父率いる解放軍が熾烈な戦いを繰り広げました。難攻不落の堅固な石の要塞に、松明を持ったグアナファトの若い鉱夫、ピピラが挑み、突破口を開き、解放軍を勝利に導きました。しかし、翌年には政府軍の反撃に遭い、指導者イダルゴ始め、アルダマ、アジェンデ、ヒメネスの4人は処刑され、その首は1821年の独立の日まで、アロンディガの建物の四方にさらされていたと言います。
入場料$49 プラス$30で、内部の写真撮影がOKでした。
d0233258_10412379.jpg

(アロンディガ博物館 入り口付近)
d0233258_10414574.jpg

(2階に至る階段の壁には、アロンディガの攻防を描いた壁画が。右端に大きく描かれているのが、イダルゴ神父。)
d0233258_1042971.jpg

(2階の回廊からパティオを望む。)
d0233258_10422571.jpg

(ここからは、処刑された4人の指導者たち)
d0233258_10424513.jpg

d0233258_1043657.jpg

d0233258_10432276.jpg

d0233258_10433887.jpg

d0233258_1051569.jpg

(中央に重い石版を背負い、決死の覚悟でアロンディガに挑む、ピピラの姿が。)
d0233258_10435861.jpg

(分厚くて堅固なこの扉を突破するのは、並大抵なことではなかったでしょう。)
d0233258_1045829.jpg

(建物の外では、インディヘナらしき人たちが土産物を並べていました。)
d0233258_10444084.jpg

(帰り道。何ともメキシコ的な色彩! Qué México!)
d0233258_10453143.jpg

(グアナファトの食を賄うイダルゴ市場。元は駅舎の立派な外観)
d0233258_10463100.jpg

(グアナファトには、いたるところに、このような地下道への入り口があります。)
d0233258_10462064.jpg

(このチキン丸焼きのグリルが見えてくると、もうすぐサルバドールの家です。)

ファレス劇場やバシリカの建築美も素晴らしいですが、メキシコ独立のシンボル、アロンディガ・グラナディータスと、メキシコ壁画運動の雄、ディエゴ・リベラの生家を身近に見学できるところがグアナファトの大きな魅力ですね。2日後には、メキシコ・シティーの南に位置するコヨアカンで、ディエゴの妻、フリーダ・カーロの生まれた家を訪れました。正確には、彼女が生を受けて、そして、亡くなった『青い家(Casa Azul)』です。
フリーダは夫の故郷であるこのグアナファトに、足を運んだことがあったでしょうか?
アロンディガでゆったり過ごして、午後3:00にホームステイ先に戻りました。


■月額基本料金0円、海外携帯はモベル
■アメリカ・カナダ・中南米へのご旅行をお考えならこちら!
■《阪急交通社》格安航空券なら任せて!⇒人気の方面も格安で!
■燃油代込みでこの価格は必見!JTBの海外ツアー「Web専用商品」
■24時間その場で空席確認&予約ができる!海外旅行は予約.com
■海外格安航空券オンライン予約
■H.I.S. 海外発航空券デスク
■海外ホテルもお得に予約!じゃらんnet
■【海外ホテル3万軒】空室情報がすぐわかる!海外の宿探しはスカイゲート
■変圧器など旅行用品なら何でも揃う、旅雑貨どっとこむ!
[PR]
by srbigote | 2011-07-02 09:43 | メキシコ旅行
<< グアナファト 4日目 続き #09 22.OBREGÓN AL P... >>